最新情報

令和6年(2024年)能登半島地震で被災された方々へのお見舞い及び地震火災への注意喚起

2024年1月1日16時10分ごろ石川県能登地方を震源とする一連の地震により、石川県志賀町では震度7が観測され、石川県内の各市町村をはじめ、北陸地方を中心に甚大な被害が発生しています。特に、輪島市では朝市通り周辺で大規模な火災が発生し、200棟以上が焼失するなど、地震による火災が発生しております。この震災によりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

日本火災学会では、地震により発生する火災について調査研究を行い、報告書などを公表してまいりました。気象庁によれば、ここ暫らくは比較的大きな地震の発生への注意が必要とのことです。大きな地震が既に発生した現在の状況、及び、今後発生する地震の後では以下のような火災が多く発生する恐れがあり、火災被害を防止するため、火の元には十分注意してください。

○停電復旧時に、地震で転倒または可燃物に触れた電気器具等から発生する通電火災
○ロウソクなど、裸火の使用による火災
○破損した風呂釜・ボイラーの煙突の使用による火災
○熱源機器の本来目的以外の使用による火災
○損傷した太陽光パネルの発電にともなう火災
○がれきや廃棄物等を積み上げたために蓄熱して生じる火災

注意すべきポイントは下記にも掲載されています。

<消防研究センター>
  地震後の火災防止について(注意喚起)

<環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部・廃棄物対策課>
  仮置場における火災発生の防止について

作成日 2024.1.4
更新日 2024.1.4

日本火災学会賞等の候補者推薦のお願い

日本火災学会賞等の候補者推薦に関する資料を以下に示します。
受賞候補者を推薦くださいますようお願いいたします。

01■令和6年度日本火災学会賞候補者推薦のお願い■20230929_jo
02■令和6年度内田奨励賞候補者推薦のお願い■20230929_jo
03■令和6年度技術賞・業績賞の会告20230929_jo

2024年度研究発表会 開催予告

本件度は、昨年度と同様に「原則対面」(ただしオンラインによる一方向配信(視聴のみ)予定)での研究発表会の開催を予定しています。パンデミックの再来などで対面開催が難しい場合には完全オンライン開催となる可能性があります。開催方式が完全オンラインとなる場合は,遅くとも発表申込および事前参加申込の開始前に決定いたしますが,特段の通知がない場合は対面での開催となります。なお,完全オンライン開催の場合,当日申込は受け付けず,事前参加申込のみとさせていただきますこと,予めご了承願います。 研究発表会開催の最新情報は本会ウェブページで随時ご案内差し上げますので,適宜ご確認の程よろしくお願いいたします。

2024年度の研究発表会を下記により開催します。火災に関わる幅広い分野にわたる皆様の研究成果を発表・討論する場としてご活用下さい。また学生にも積極的に発表してもらえるよう学生奨励賞を設けております。
発表形式には,通常(口頭)発表(オーガナイズドセッション発表を含む),ポスター発表の2種類があります。以下の内容を確認いただきお申し込みをお願いします。

昨年度より、発表者様から「発表登録料」をいただくこととしました。発表者は発表申し込みと共に発表登録料をお支払いください。
概要集は参加費とは別にご購入いただくことにしました(昨年通り)。購入者様へは、概要集の PDF をダウンロードで配布予定です。

・主催   :日本火災学会
・開催日  :2024年5月25日(土),26日(日)
・会場   :東京理科大学野田キャンパス
・発表登録費:8,000 円(正会員及び賛助会員,学生を含む)
       ※発表登録料には概要集代が含まれます。発表者は必ず参加申込をしてください。
・参加費  : 正会員及び賛助会員 3,000 円
        学生        1,000 円
        非会員       6,000 円
・概要集代 :8,000円(ただし発表登録者は無料)
・各費用の納入,及び,発表登録・原稿提出方法:
 各費用の支払いは外部オンライン支払いサイトを利用します。
 発表登録費の納入後,電子投稿システムで発表登録,ならびに原稿提出を受付けます。
・事前参加申込の期間:2024年1月29日(月)13:00~5月20日(月)17:00
※事前参加申込(クレジットカード決済など)をしていただくことで,割引価格とさせていただきます。
・概要集の事前ダウンロード開始日:2024年5月20日(月)頃を予定
・発表申込・原稿提出受付開:2024年1月29日(月) 13:00
・発表申込・原稿提出締切:
 通常(口頭)発表:2024年2月26日(月) 17:00
 ポスターセッション:2024年3月8日(金) 17:00
 ※原稿の最大頁数は2p(通常およびポスター),4p(オーガナイズドセッション)です
・発表申込・原稿提出方法:
 電子投稿システムでは発表申込,ならびに原稿提出を一括で受付けます。
 日本火災学会ホームページの最新情報の案内欄より,電子投稿受付のページへ入り,画面の案内に沿って,発表申込,原稿提出を実施して下さい。詳細はホームページでご確認下さい。
 ホームページ :https://www.jafse.org/
・オーガナイズドセッション(OS)
 今回,OSとして「最新デジタル技術を活用した避難研究」を企画しています。多数のご投稿をお待ちしております。なおOSへの原稿投稿締切は上記の「通常(口頭)発表」と同じです(ただし原稿最大頁は 4 ぺージ)。
・申込みにあたっての注意点
 ◎発表者は本会の会員に限ります。
 ◎同一発表形式では,同一講演者による発表数を1件とします。

2023年度講演討論会「駐車場の消火設備における現状と課題」 事前参加申込について

今年度も講演討論会をオンライン開催することにいたしました。世界中から多数のご参加をいただきますようお願い申し上げます。参加するためには事前申込が必要になります。
下にある「申込方法」からお申し込みください。

一般的な駐車場の火災では,制御不能な火災事故に至ることは稀です。しかし,2023年8月の厚木市パチンコ店で発生した自走式立体駐車場では,大規模火災へ進展しました。駐車場における大規模火災の発生は,大きな経済的損失につながります。一方,消火設備に関しては,2020~2021年に発生した二酸化炭素消火設備の点検作業中の死亡事故により,消防法の改正が行われています。また,環境問題の観点から,駐車場の消火設備に使用できる消火薬剤の規制が進む可能性があります。今後の駐車場の消火設備を考えるためには,駐車場の消火設備と火災事例により現状を整理し,課題を検討することが重要となります。本講演討論会では,駐車場火災の事故事例および駐車場の消火設備について現状と課題を紹介し,今後の駐車場の消火設備のあり方について討論します。

会員の方はもとより,消防関係者,建築設計・技術者,損害保険業界の方々などからも多数のご参加をいただきたく,ご案内申し上げます。

開催日:2024 (令和6) 年 1月 19日(金)13:30~16:30
会 場:オンライン開催 (Teamsウェビナーにて開催します。)
参加費:1,500円 (参加者皆様に,事前にテキストの電子ファイルを配布いたします。)
討論方法:視聴者の講演への質疑は,チャットに記入し,司会が読み上げて議論する方法とします。

申込方法:事前参加申込 (1月12日 (金) 13:00まで)
     こちら からお申し込みください (Peatix 決済ページへリンクします)。
      ※当日申込はできません。必ず事前参加申込をしてください。
支払方法:クレジット,コンビニ払,Paypal,銀行振替等
      ※その他の支払方法をご希望の方は事務局にお問い合わせください。

2023 年度講演討論会のポスターはこちら

【プログラム】
13:30~13:35 開会挨拶 (学術委員長 中村 祐二)
13:35~15:25 講演 (司会:上矢 恭子)

13:35~13:40 「主旨説明」
        田村 陽介(日本自動車研究所)
13:40~14:05 「車両火災の件数と駐車場の火災事例及び現行の法規・消火設備等について」
        中澤 靖彦,高田 大成(横浜市消防局)
14:05~14:30 「泡消火設備の現状と課題」
        遠藤 辰基(ヤマトプロテック)
(休憩 14:30~14:35)
14:35~15:00 「NFシステム(閉鎖型水噴霧設備)の開発」
        柳田 充(三菱地所設計)
15:00~15:25 「ガス系消火設備の現状と今後」
        米田 裕策(コーアツ)
(休憩 15:25~15:35)
15:35~16:25 討論 (司会:田村 陽介)
16:25~16:30 閉会挨拶 (学術副委員長 秋月 有紀)

————————————————————-
注意事項
・ 申込時に登録いただくメールアドレスに参加方法などの情報をお送りしますので、お間違えの無いよう入力してください。

キャンセルについて
・原則承っておりません。

お気づきの点がありましたら,事務局までご連絡ください。
よろしくお願い致します。

2023 年度「内田博士記念研究助成」の募集

2023 年度「内田博士記念研究助成」を募集します。

資料→■2023年度内田博士記念基金研究助成の募集■R050720

(公社)鹿島学術振興財団 2024 年度 一般研究助成 募集

公益財団法人鹿島学術振興財団より,標記助成候補者の推薦依頼がありました。

説明資料→■R06年度(2024年度)鹿島財団研究助成募集■R050720

本会の推薦を希望する方は,10 月8 日(金)必着の郵送にて,事務局宛(下記提出先)
まで提出してください。なお,本会にて推薦に「値する」か「否」かについて審査をし,本
会から同財団への推薦手続きを行います

本会の推薦を希望する方は,10 月10 日(火)必着の郵送にて,事務局宛(下記提出先)まで提出してください。なお,本会にて推薦に「値する」か「否」かについて審査をし,本会から同財団への推薦手続きを行います。同財団への直接応募はできませんのでご注意ください。

第62回火災科学セミナーの開催について

第62回火災科学セミナーの開催について

主 催:(公社)日本火災学会
後 援:全国消防長会
東京消防庁
神戸市消防局

近年のデジタル技術の進歩は目覚ましく、社会全体でDX推進への機運も高まり、防火・防災の分野においても、デジタル技術等を活用した様々な先進的な取組が見られるようになりました。また、2025年には阪神淡路大震災から30年となります。近年、多発する自然災害へ対応するため、震災の教訓を活かした備え、更には様々な火災危険を想定した未来への備えについて見識を深めることが重要です。

このような状況を踏まえ、日本火災学会では、東京都と神戸市において下記のとおり「火災科学セミナー」を開催することとなりました。つきましては、会員の方はもとより、消防関係者、一般の方々にも多数ご参加くださるようご案内いたします。

◆神戸会場:日時 202311月10日(金) 1300分から1630

     場所 神戸市産業振興センター ハーバーホール

        (兵庫県神戸市中央区東川崎町1-8-4)

        JR「神戸駅」から徒歩約5分

[主題] 震災の教訓を踏まえた未来への備えについて
1 阪神淡路大震災における火災原因調査活動と地震火災への提言

神戸市消防局市民防災総合センター(元須磨消防署副署長兼総務査察課長)

 桂 敏美 氏

2 関東大震災の火災被害をふり返り現在の市街地火災リスクに向き合う

  ~ 関東大震災100年の節目に ~

東京理科大学 関澤 愛 氏

3 地震時などの大規模火災で発生する火災旋風

消防研究センター 篠原 雅彦 氏

 

◆東京会場:日時 2023125日(火) 1300分から1630

     場所 北とぴあ つつじホール(東京都北区王子1-11-1)

        JR「王子駅」から徒歩約2分,東京メトロ南北線王子駅5番出口直結

[主題] デジタル先端技術の防火防災分野での活用の展望
1 コンピュテーショナル・デザインによる設計の現状と防火防災分野への活用の展望

株式会社竹中工務店 竹市 尚広 氏

2 先端技術の防火防災への活用事例について

  ア 情報共有ツールによる自衛消防活動支援

能美防災株式会社 伊藤 尚 氏

  イ 火災情報通知などを活用した屋内位置情報システム

ニッタン株式会社 稗田 豪 氏

  ウ 2023年度日本火災学会技術賞「可変型避難誘導表示システム」

株式会社竹中工務店 新谷 祐介 氏

新型コロナウィルスの感染状況などにより、本イベント内容に変更が生じる場合は、火災学会ホームページ(https://www.jafse.org)に掲載いたします。必ず御確認の上、御来場くださいますようお願い申し上げます。また、体調がすぐれない方(例:37.5℃以上の発熱、咳・のどの痛みなどの症状がある方)は参加をご遠慮下さい。

参加料:会員(賛助会員及び後援団体職員を含む。)及び消防職員2,000円,一般(非会員)4,000円

申込方法:郵便払込による納入をもって申込受付とします。(郵便振込「払込取扱票」のご利用をお願いします。)
振替口座番号 00180-4-58454 (公社)日本火災学会

払込取扱票の通信欄に参加会場名,勤務先名(複数参加の場合,参加者名)を記入してください。また,払込人住所氏名欄には参加者氏名(複数参加の場合は,代表者名),連絡先住所,電話番号を記入してください。到着受付後,受講票をお送りします。(領収書は,当日会場でお渡しします。)

※口座振替(銀行)を希望される場合は,下記申込先へメールにてお知らせください。
請求書等が必要な方は,下記メールにご連絡ください。

申込先:〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル

(公社)日本火災学会 Tel:03-3813-8308 Fax:03-5689-3577 E-mail:kasai50@sepia.ocn.ne.jp

締切日:2023年12月1日(金)

詳細はこちらをご覧下さい → Seminar62

第14回国際火災安全科学シンポジウム 開催のお知らせ

第14回国際火災安全科学シンポジウム 開催のお知らせ

リンク先 https://iafss2023.com/

会場  つくば国際会議場

期間  2023年10月22日(日)~10月27日(金)

現地実行委員会委員長 土橋律(東京大学)

 

本国際学会は3年毎に行われる火災に関する国際研究学会としては最大規模のものであり,世界中の火災科学・防災技術に関わる専門家が一同に会して議論・交流する場を提供し,最新の研究成果ならびに技術開発の現状を共有する場とする.口頭発表・ポスター発表・ワークショップといった様々なチャネルにて情報交換する機会を設け,参加者間の交流および国際的な課題共有を最大限に促すことを目的としている.

理事会での審議を経て2017年に日本での開催誘致活動に成功し,2023年の開催(第14回)をつくばで実施することとなった.誘致には,火災科学・防災研究の質の高さが考慮されており,このことはわが国におけるこれらの研究分野が世界的なレベルにあることを評価されたことになる.日本での開催は1988年以来2回目であるが,これまでも日本開催を支持・期待する声が大きかったため,今回は満を持しての開催となる.本会議は(今のところ)完全対面開催である(ハイブリッド配信はしない)

既に口頭発表の締切は終了しているが,過去最大の投稿数であった(341件).それだけ日本での対面開催に期待されていることになる.ポスターやイメージ展の投稿は6月末まで受け付けしている.日本火災学会会員諸兄諸氏の積極的な参加を期待する.

 

詳細はシンポジウムHPを参照(リンク先 https://iafss2023.com/

連絡先  contact@iafss2023.com

令和5年度定時総会開催のお知らせ(資料更新)

令和5年度定時総会案内および総会資料は下記をご確認ください。

総会は5月25日(木)15時からオンラインにて開催いたします。

5月23日13時に資料を更新しました。
以前にダウンロードされた場合は,再度ダウンロード願います。
お手数をお掛けして申し訳ありません。

2023年度_定時総会資料

 

2023年度日本火災学会研究発表会 情報交流会 参加申込のお願い

2023年度日本火災学会研究発表会は、3年ぶりに弘前大学文京町キャンパスにて、対面開催たします。それに加え、今回は、現地参加が困難な方等のために、Zoomによる口頭発表等のオンライン配信も実施します。まだ申込いただいていない方は、久々の対面開催、および初めてのハイブリッド開催ですのでふるってご参加ください。

 あわせて、対面開催に参加いただいた皆様に、3年分の対面での情報交流をしていただくために、弘前市内のホテルでの情報交流会を企画いたしました。対面開催参加者の皆様にはぜひご参加いただき、2023年度日本火災学会研究発表会 ハイブリッド開催共々、大いに盛り立てていただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

日時  :2023年5月27日(土) 19:00~
場所  :弘前プラザホテル 青森県弘前市代官町101-1
     TEL. 0172-35-0345 (弘前駅より徒歩15分)
     https://hirosakiplazahotel.jp/
会費  :事前参加申込 6,000円(5/19まで)
     通常参加申込 7,000円(5/27午前中まで)
     学生     3,000円
申込方法:オンライン申込 Peatix(参加申込時と同様の方法)
申込期限:5/27(土) 12:00 まで
受付方法:研究発表会会場の受付にて、情報交流会参加申込済みの方に
     「情報交流会参加シール」を配布します。
     研究発表会参加者用の名札に貼り付けて情報交流会会場にご入場ください。

◆注意事項◆
・発表内容及び会場の撮影,録音,録画を禁止します。
・ライブ動画の内容を録画しておき,会場トラブルが生じた場合に
 参加者へ公開する可能性があります。

申し込みについて
・1回につき一人の決済を行います。複数人まとめての入金は絶対に行わないでください。
 事務局側で入金と該当者を突き合わせることができません。
・ご登録いただいたメールアドレス宛に,ご案内をさせていただく場合がございます。
 「peatix.com」からのメールを許可するように,設定の変更をお願いします。

領収書について
・各支払い方法での支払いの際に発行される領収書を
 社内,学内,各種申告等での手続きで用いてください。
・なお,Peatix上でイベント名,主催者,金額などが記載された領収データも発行可能です。
・上記で手続きできない等,学会の領収書が必要な方は学会事務局へお問い合わせください。

キャンセルについて
・原則承っておりません
・やむをえない事情によるキャンセルをご希望の場合,手数料を差し引いた額を返金いたします。

 

情報交流会申込は こちら

研究発表会申込は こちら

お気づきの点ありましたら,事務局(kasaijp@kasaikenkyu.org)までご連絡ください。
よろしくお願い致します。

ページトップへ▲