学術委員会

H30 講演討論会「水害と火災~『浸水火災』にどう備えるか~」開催案内 (2018年12月 1日 01:32)

H30 講演討論会「水害と火災 ~浸水火災にどう備えるか」 開催案内
表記件の詳細が確定しました.詳細は こちら をご覧ください
...........................
開催日時 平成31 年1 月31 日(木) 13:00~16:30
会 場 文京シビックセンター(小ホール)
〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21
参加費: 1,500 円(テキスト付)
プログラム
開催挨拶 13:00~13:05 学術委員長 平島 岳夫
講  演 13:05~15:20 司会:岸上 昌史
13:05~13:35 「水の関わる爆発事故について(仮)」 中村 順(総合安全工学研究所)
13:35~14:05 「津波,高潮などによる車両火災の原因と対策の考察(仮)」 髙橋 直人(公立諏訪東京理科大学)
(休憩 14:05~14:20)
14:20~14:50 「浸水した太陽光発電設備の火災(仮)」 田村 裕之(消防研究センター)
14:50~15:20 「 総社市アルミ工場爆発・火災の被害と周辺での避難状況(仮)」 北後 明彦(神戸大学)
(休憩 15:20~15:35)
討  論 15:35~16:25  司会  鍵屋 浩司
閉会挨拶 16:25~16:30 学術副委員長 桑名 一徳

 

日本火災学会・北九州市制55周年記念特別企画WS 第一部「特異火災と対策」 講演資料web公開 (2018年6月21日 10:33)

先日開催された日本火災学会特別企画ワークショップ(第一部)にてご講演いただいた講師の皆さまより,web公開資料をご提供いただきましたので,下記にて公開いたします.

ご協力いただきました講師の先生方には改めまして感謝申し上げます.

こちらよりダウンロードください)

日本火災学会・北九州市制55周年記念

平成30年度 日本火災学会研究発表会 プログラム(案)(終了しました) (2018年4月13日 18:06)

平成30年度 日本火災学会研究発表会 プログラム(案)が公開可能になりました.

こちら からご覧いただけます(平成30年4月13日 最新版)

なお,今後変更になる場合がありますので,ご留意願います

(随時更新してゆく予定です)

日本火災学会・北九州市制55周年記念 特別企画ワークショップ■ 「特異火災と対策」「大学人向け研究費獲得セミナー」開催予告(終了しました) (2018年4月 4日 23:43)

本学会は特別企画として、研究発表会の前日に、参加者を会員に限定しない形で以下の特別企画ワークショップ(第一部)ならびにセミナー(第二部)を開催することになりました。

日時  平成30年5月28日(月)

主 題:
第一部:「特異火災と対策」
第二部:「大学人向け研究費獲得セミナー」
開催日:平成30年5月28日(月)
第一部:13:30〜16:00、第二部:16:30〜18:00

第一部:「特異火災と対策」 13:30〜16:00

第二部:「大学人向け研究費獲得セミナー」 16:30〜18:00

多数のご参加をお待ち申し上げております.

詳細は こちら をご覧ください

シンポジウム「高層避難の多様性から見る今後の課題」開催予告(再掲)(終了しました) (2018年3月 1日 10:06)

 

■シンポジウム「高層避難の多様性から見る今後の課題」開催予告(再掲)

避難行動専門委員会によるシンポジウムを,以下の通り開催いたします
主題 :「高層避難の多様性から見る今後の課題」
日時 :平成30年3月13日(火)13:30〜17:00
会場 :東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム(地下1階)
申込 :当日受付
参加費:無料
その他詳細は,こちらをクリックください
多数のご参加をお待ちしております

 

日本火災学会・北九州市 特別企画ワークショップのご案内(終了しました) (2018年2月17日 23:31)

日本火災学会・北九州市 特別企画ワークショップ を下記の通り2部構成にて企画いたしました.
 
第一部(仮題)「北部九州での大火災と今後の対策」
第二部(仮題)「大学人向け研究費獲得セミナー」
 
皆さまのご参加をお待ち申し上げております

■ 開催日:平成30年5月28日(月)
第一部:13:00〜16:00、第二部:16:30〜18:00
■主催:日本火災学会
■共催:北九州市
■会 場:北九州国際会議場メインホール〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野三丁目8-1
(http://convention-a.jp/kokusai-kaigi/)
■参加費:無料
詳細は こちら をご覧ください

【受付開始します】平成30年度 日本火災学会研究発表会 研究発表受付 (2018年2月 5日 18:21)

【受付開始します】平成30年度 日本火災学会研究発表会 研究発表受付
平成30年度の研究発表会の受付サイトは以下の通りです。
(日本語版):https://www.i-product.biz/jafse/
(英語版 ):https://www.i-product.biz/jafse/en/
皆さまこぞって投稿願います。
 

なお,締切および各種要綱は以下の通りです。
■発表申込・原稿提出締切
  通常(口頭)発表:平成30年3月5日()1700
  ポスターセッション:平成30年3月16日()1700
■ポスター発表の募集要項・原稿執筆要綱
ポスター発表の募集要項は こちら をご覧ください
原稿執筆要綱は こちら(ワード) または こちら(pdf) をご参考にしてください
 

よろしくお願いします

 

 


ーーーーーーー 以下,開催案内を再掲いたします ーーーーーー

 平成30年度の研究発表会を下記により開催します。
火災に関わる幅広い分野にわたる皆様の研究成果を発表・討論する場としてご活用下さい。
発表形式には,通常(口頭)発表,ポスターセッション,オーガナイズドセッションがあります。
下記内容を確認頂きお申し込みをお願いします。

印刷物は(こちら


■主 催:日本火災学会
■共 催:北九州市
■開催日:平成30529()30()
■会 場北九州国際会議場
802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目930
http://convention-a.jp/kokusai-kaigi/
■参加費
 会員及び賛助会員 3,000
 非会員 5,000
 学生 1,000
■概要集
 予定価格 5,000円・学生 2,500
■交通アクセス
JR小倉駅から徒歩5分
福岡空港から小倉駅まで
新幹線利用の場合約30
直通バスで約90
■発表申込・原稿提出受付開始
  平成30年2月5日() 1300
■発表申込・原稿提出締切
  通常(口頭)発表:平成30年3月5日()1700
  ポスターセッション:平成30年3月16日()1700
■発表申込・原稿提出方法
  電子投稿システムでは発表申込,ならびに原稿提出を一括で受付します。
  日本火災学会ホームページの最新情報の案内欄より,電子投稿受付のページへ入り,画面の案内に沿って,発表申込,原稿提出を行って下さい。
  詳細はホームページでご確認下さい。
  ホームページ :http://www.jafse.org/
■申込みにあたっての注意点
  ◎通常(口頭)発表者は本会の会員に限ります。
  ◎同一発表形式では,同一講演者による発表数を 1件とします。
■オーガナイズドセッションの発表形式
    以下の2つのテーマについて各4編程度の発表を募集し,発表時間および討論時間を十分に確保したセッションを実施します。
  1 OSでの発表は学生奨励賞対象外となります。

  (OS1):建築火災における消火・検索救助活動)
  (OS2):太陽光発電システムの火災対策()

平成30年度 日本火災学会研究発表会 開催予告ならびに研究発表募集 (2017年12月31日 23:29)

平成30年度 日本火災学会研究発表会 開催予告ならびに研究発表募集
平成30年度の研究発表会を下記により開催します。
火災に関わる幅広い分野にわたる皆様の研究成果を発表・討論する場としてご活用下さい。
発表形式には,通常(口頭)発表,ポスターセッション,オーガナイズドセッションがあります。
下記内容を確認頂きお申し込みをお願いします。

印刷物は(こちら


■主 催:日本火災学会
■共 催:北九州市
■開催日:平成30529()30()
■会 場北九州国際会議場
802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3丁目930
http://convention-a.jp/kokusai-kaigi/
■参加費
 会員及び賛助会員 3,000
 非会員 5,000
 学生 1,000
■概要集
 予定価格 5,000円・学生 2,500
■交通アクセス
JR小倉駅から徒歩5分
福岡空港から小倉駅まで
新幹線利用の場合約30
直通バスで約90
■発表申込・原稿提出受付開始
  平成30年2月5日() 1300
■発表申込・原稿提出締切
  通常(口頭)発表:平成30年3月5日()1700
  ポスターセッション:平成30年3月16日()1700
■発表申込・原稿提出方法
  電子投稿システムでは発表申込,ならびに原稿提出を一括で受付します。
  日本火災学会ホームページの最新情報の案内欄より,電子投稿受付のページへ入り,画面の案内に沿って,発表申込,原稿提出を行って下さい。
  詳細はホームページでご確認下さい。
  ホームページ :http://www.jafse.org/
■申込みにあたっての注意点
  ◎通常(口頭)発表者は本会の会員に限ります。
  ◎同一発表形式では,同一講演者による発表数を 1件とします。
■オーガナイズドセッションの発表形式
    以下の2つのテーマについて各4編程度の発表を募集し,発表時間および討論時間を十分に確保したセッションを実施します。
  1 OSでの発表は学生奨励賞対象外となります。

  (OS1):建築火災における消火・検索救助活動)
  (OS2):太陽光発電システムの火災対策()

講演討論会「大規模物流倉庫の火災安全について考える」(ポスターリンク) (2017年12月12日 09:38)

◎ 開催ポスターを作成しました(「こちら」をクリックください) ◎

講演討論会を以下の通り開催いたします
主題:「大規模物流倉庫の火災安全について考える」
日時:平成30年1月26日(金)13:00~16:30
会場:文京シビックセンター
申込:当日受付
参加費:無料(ただし,テキスト代 1,500円)

その他詳細は,こちら をクリックください

多数のご参加をお待ちしております

シンポジウム「高層避難の多様性から見る今後の課題」開催予告 (2017年12月 4日 23:44)

避難行動専門委員会によるシンポジウムを以下のとおり開催いたします。

 

建築空間が大規模化・複雑化し、在館者も多様化するなか、当該空間における在館者の火災時の避難行動特性を考慮した対策を計画することが、以前にも増して重要になっています。近年、このような問題意識の下で、実建物における避難行動の事例調査・研究や計画・設計ガイドラインの提案が精力的に進められています。本シンポジウムでは、「高層建物からの避難」に焦点をあて、避難行動の実測調査結果等について紹介し、高層建物からの避難に関する最新の知見を概観するとともに、今後の課題を議論します。多数の皆さまのご参加をお願い申し上げます。

 

日時:平成30年3月13日(火) 13:30~17:00

会場:東京理科大学 森戸記念館 第1フォーラム

参加費:無料

参加申込:不要

パネリスト・発表内容(仮題):※最新情報は、日本火災学会ホームページをご覧ください。

①藤井 皓介(消防研究センター)

「超高層事務所ビルの避難訓練結果から得られた知見と課題」

②水野 雅之(東京理科大学)

「超高層集合住宅の避難訓練実測・アンケートから得られた知見と課題」

③関澤 愛 (東京理科大学)

「海外の超高層ビルにおける避難戦略の動向と避難計画事例」

④福井 潔 (日建設計)

「高層保育施設の避難に関する課題と留意点」

⑤パネルディスカッション

「高層避難の多様性から見る今後の課題」

ページトップへ▲

各委員会からのお知らせ
寄付のお願い
火災誌検索システム
研究発表会概要集検索システム
WEBサイト内検索
関連リンク