刊行委員会

日本火災学会論文集への論文投稿方法の変更について (2015年1月 9日 12:00)

日本火災学会論文集への論文投稿は,これまで紙媒体での送付としておりましたが,このたび,論文集執筆要領を変更し,電子データによる投稿に変更することとしました。また,新たに「論文集執筆用フォーマット」を定め,論文書式の統一化を図りました。
日本火災学会論文集に論文を投稿する際には,論文集執筆要領をご参考くださいますようよろしくお願いします。(論文執筆要領の抜粋はこちらからダウンロードできます。)
詳細は,論文集 投稿規程・執筆要領をご確認下さい。

日本火災学会論文集J-STAGE 公開のお知らせ (2009年12月22日 18:18)

日本火災学会では,会員サービスの向上を図るため,論文集と会誌「火災」のPDF 化データをウェブ上から活用できるようにすることを目指して作業を進めてまいりましたが,論文誌につきましては,9 月1日より独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運営する電子ジャーナルシステムJ-STAGE(http://www.jstage.jst.go.jp/browse/-char/ja)上において公開を始めました。まだ部分的ではありますが,会員の皆様にご利用いただけるようになりましたのでお知らせいたします。
このシステムJ-STAGE についてはご存知の方もおられると思いますが,800 誌以上の国内学術誌が登録された大規模な文献検索閲覧サービスです。海外からも利用できる英語画面があり,国内外の電子ジャーナル主要サイトと相互リンクしております。そのため,日本火災学会論文集が海外からも閲覧され,引用される機会はこれまで以上に増大いたします。会員の皆様には,これを機にぜひとも論文集をご覧いただき,論文会員へのグレードアップ,さらには論文集への投稿につなげていただけることを期待いたします。
J-STAGE では制限なしで本文まで公開している学術誌もありますが,当学会の論文集につきましては現在のところ一般公開はアブストラクトまでとしております。したがって,論文の本文を閲覧していただくためにはID とパスワードが必要になります。詳しくは、会誌「火災」第59巻5号(10月号)の会告をご覧ください。
10 月1 日現在,57 巻と58 巻が公開済みです。J-STAGE へのアップロード作業は順次進めておりますが,データの変換作業を伴うため,論文集バックナンバー全巻の登載が完了するまでには1年以上を要する見込みです。また,会誌「火災」につきましても同様の会員サービス実現に向けて準備を行っておりますので,今しばらくお待ちいただきたく存じます。当学会では,これからも会員サービスの一層の充実と向上に努めてまいりますので,今後とも会員の皆様のご理解とご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

問い合わせ先:日本火災学会事務局(中谷) Tel: 03-3813-8308 FAX: 03-5689-3577

火災誌・論文集の総目次の発行について (2004年12月 2日 12:56)

これまでに発行された火災誌と論文集の総目次(1951年~2003年)が,2004年8月に発行されました。
会員の方には,発行時に一部をご送付済みですが,残部がございますので,ご希望の方には有償にて頒布致します。

ご希望の方は,日本火災学会事務局まで,①送付先住所,②氏名,③電話番号,④希望部数,⑤請求書の有無をご記入の上,FAXまたはメイルにてお申し込み下さい。
お申し込み確認後,総目次と振り込み用紙を郵送にてお送り致します。

なお,会員外の方で,2005年12月までに入会手続きをされた方には,当総目次を一部,無料で進呈させていただきます。
入会案内については,こちらをご参照下さい。

代 金  :  一部1000円(税込,送料別),送料210円(一部の場合)
収録対象: <火災誌> Vol.1, No.1~Vol.53, No.6(通巻1号~267号)(1951年6月~2003年12月)
        <論文集> Vol.1, No.1~Vol.53, No.2(1951年9月~2003年12月)
申込先  : (社)日本火災学会事務局
        〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
        TEL: 03-3813-8308, FAX: 03-5689-3577, E-mail: kasai50@sepia.ocn.ne.jp

日本火災学会編:火災と建築,共立出版株式会社 (2004年10月 8日 15:11)

kasai_kenchiku_img.jpg近年における建築物の高層化・複合化は著しく,総合的な防耐火性能が建物には求められるようになり,火災科学の新しい知見が蓄積されてきた。本書は,このような社会的変化に対応し,蓄積された知見を活用するための,「火災と建築」に関するわかりやすい案内書である。編集方針として,①必要な知識をできるだけ簡明に記述する,②章または節にはなるべく例題・問題を設ける,③最終章に総合的な設計例を記述する。この方針を基に,火災の基礎理論から実際の火災安全設計まで実践的な知識を詳述した,既刊『火災便覧』の簡易版とも言うべき書である。

主要目次
第1章  建築防火概論
第2章  火災安全指針
第3章  火災実態
第4章  燃焼と火災性状
第5章  煙
第6章  伝熱
第7章  内・外装設計
第8章  消防設備設計
第9章  防排煙設計
第10章 避難設計
第11章 耐火設計
第12章 住宅防火設計
第13章 火災安全設計の例
付録1  単位と単位換算
付録2  関連規格一覧

B5判 352頁,2002年3月発行

定価4,830円(税込)
学会会員特別割引価格 4,000円(税・送料込) 会員用 特別割引 申込用紙

 

日本火災学会編:火災便覧 第3版,共立出版株式会社 (2004年10月 8日 15:09)

火災の諸現象から対策技術,安全設計,消防の実務面まで包含し,火災安全を支える科学技術の総合的な知識を集大成した。

主要目次
第1編 火災の基礎
第2編 各種の火災の実態
第3編 火災安全の技術・体制
第4編 火災安全の設計法
資料編

A5判 1,704頁,1997年5月発行

定価49,350円(税込)
学会会員特別割引価格 39,000円(税・送料込)会員専用特別割引 申込用紙

ページトップへ▲

各委員会からのお知らせ
寄付のお願い
火災誌検索システム
研究発表会概要集検索システム
WEBサイト内検索
関連リンク